食事・生活習慣

光老化対策で顔のたるみストップ!紫外線に強い肌作りに取り入れたい生活習慣とは

外の風が気持ち良い季節になりました。朝、カーテンを開けるだけで気持ちが晴れ晴れします。

日光は、血行を促進させデドックス効果があり、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を増加させてくれます。

日光浴や屋外でのウォーキング、エクササイズは、大人の健康維持には欠かせません。天気の良い日にただ歩いているだけでも気分がよくなり、ストレス発散にも繋がります。
そうですね。私も散歩に出かけるのが好きです。思いがけない花や鳥を見かけたり、こんなお店、あったっけ?なんて言う発見が楽しいです。

紫外線は、1年を通して絶え間なく降り注いでいます。健康には必要な日光ですが、紫外線を浴び続ける事で起こる肌トラブルのシミ・シワ・顔のたるみなどは「光老化」とも呼ばれています。

光老化は、年齢に伴う肌老化が2割程度なのに対し、8割は紫外線ダメージによるものだと言うことで名付けられています。

光老化・・最近、良く聞くようになった言葉よね!

直接、紫外線を浴びる事がほとんどないお尻や太ももの裏などは年齢を重ねてもシワやシミはなく肌のキメも細かいですよね!

わかる~~~!びっくりするほど、違うわね!顔のお肌も太ももの裏のように戻りたい・・・と願うけれど・・叶わない願いだわよね・・

紫外線は、それほど肌への影響が大きく、健康に必要な日光も肌にとっては天敵になります。光老化対策をしっかり行う事は、エイジングケアに繋がり、顔のたるみケアにもつながり、最も重要なことになります。

顔のたるみを引き起こす光老化とは

光老化とは、肌が紫外線の影響でダメージを受け老化してしまうことを言います。特に紫外線は、「肌の三大老化」と呼ばれる「たるみ」「しわ」「しみ」の全てを引き起こす原因になります。

紫外線は、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられています。

そのうちUV-AとUV-Bの2種類の紫外線が私たちの肌にダメージを与える紫外線と言われています。

紫外線UV-Aとは

UV-Aは、紫外線の中で最も波長が長く、地上の紫外線の9割を占めます。

見た目年齢アップにつながる顔のたるみやシワといった光老化を引き起こす原因にもなります。

UV-Aは、肌の奥の真皮層にまで到達し、肌のハリや弾力を維持するために大事なコラーゲン線維やエラスチン線維を変性させます。

更に、コラーゲンやエラスチンを産生する繊維芽細胞も紫外線UV-Aのダメージで産生機能が低下し、顔のたるみやシワが生じやすくなります。

UV-Aは、4月~9月の間が最も強い時期と言われていますが、冬になっても紫外線量が半分くらいしか下がらないため、年間を通して紫外線対策が必要だと言われています。

えっ!冬も夏の半分くらいしか減らないって・・ヤバイ・・かも。冬を甘く見てたわ!

紫外線UV-Bとは

UV-Bは、全紫外線の5%を占めます。エネルギーが強く、主に肌の表面で吸収されるため肌の奥の真皮層まで届くことはありません。]

UV-Bは、主に表皮細胞に影響を与えます。いわゆる、火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニンを増加させ肌の黒化(サンタン)が生じたり、シミ、そばかすの原因にもなります。

日焼け止めに記載されている「SPF」という値は、UV-Bに対する防御効果を表す数値です。

肌に何もつけていない状態と比べて日焼けまでの時間をどれだけ遅らせられるかを示しています。

目安としては、日本人の場合、真夏の晴れた海浜で、色白の人は約20分、普通肌の人は約25分、色黒の人は約30分でサンバーンを起こすと言われています。

その場合に、例えば、SPF24の日焼け止めを使った場合、普通肌の人は25分で赤くなるところを24倍の600分(10時間)遅らせることができるという数値になります。

しかし、これは汗もかかず、触らず、塗ったそのままの状態を維持できた時の時間になります。

しかし、人間は、汗をかくのは当たり前、皮膚から皮脂が分泌するのが当たりまえで、塗ったままの初期の状態で10時間維持するのは、難しいことになります。
・・・・・ってことは、日焼け止めとかは、小まめに塗りなおさないと意味がないということね!

2種類の紫外線の違いは、解りましたか?簡単に言うと、顔のたるみやシワの原因になる紫外線は、UV-Aでシミやそばかすの原因になるのがUV-Bということになります。

しかし、最近では、近赤外線や可視光線の中のブルーライトは、UV-Aよりも深く真皮の奥まで入り込み、肌の老化を引き起こしている可能性があると言われるようになってきました。

ですから、一日中、スマホやパソコンを見ている方などは、ブルーライトを浴び続けていることになるので、しっかり対策をした方が良いことになります。

えっ!?ブルーライトも?じゃー家の中でもほぼ、ほぼ、紫外線対策は重要ということになるのね!気が抜けないのね・・・・

顔のたるみの原因となる光老化対策は紫外線に強い肌作りが必須

紫外線を浴び続けると顔のたるみ、シワ、シミなどが生じてしまうだけではなく、お肌の乾燥も引き起こします。

お肌の乾燥は、バリア機能の低下につながり、外部刺激に対して弱く、刺激の受けやすい肌へと変化してしまいます。

いわゆる、それが敏感肌へとつながっていくのです。

また、紫外線は、肌のハリや弾力を維持する為に必要なコラーゲンやエラスチンの破壊により肌が水分不足になり、萎んだような肌へと変化してしまいます。

お肌の乾燥は、最初、小じわとなって現われますが、やがて深く刻まれるシワへと変化していきます。
敏感肌になったり、深いシワになったりとか・・紫外線、怖すぎです!もう、老け顔一直線って感じでこわすぎ~~~。

そういうお肌の乾燥状態は、肌の表面もごわつきがち、肌理も粗く、肌の弾力も低下している状態です。

それが、更に顔のたるみを悪化させてしまうことになります。見た目年齢に一番影響を与える肌老化と言うのが、顔のたるみと言われています。
考えたら・・たるんだフェイスライン、ブルドッグ顔と言われる頬のたるみ、口角が下がってできてしまったマリオネットライン、どれも顔の印象を暗くしてしまう感じですよね。できることなら避けたい!

年齢を重ねても若々しく、どこか魅了のある人は肌にハリ艶があり、フェイスラインもスッキリしていますよね!

若さを保つだけでなく、年齢を重ねてもイキイキと魅力的な大人の女性には光老化対策は欠かせないということですよね。

顔のたるみ予防の為の紫外線に強い肌作りに必要な生活習慣

上記でもお伝えしましたが、紫外線を完全に避けることは不可能です。生まれてから何年もかけて浴び続け蓄積されてきた紫外線ダメージは、20代を過ぎると光老化の症状が出始めます。

30代になるとほとんどの方がシミなどの肌トラブルで悩むことが多くなると思います。

今まで、しっかり紫外線対策は、行ってきましたか?日差しの強い日だけ、日焼け止めを使うという方もいらっしゃいます。

紫外線の中で波長の長いUV-Aは、窓ガラスをすり抜ける性質があり室内でも紫外線対策は必要です。

また、紫外線は目からも入ってくるので屋外で過ごす時は日傘とサングラスは肌老化を防ぐためには必須です。

外からの紫外線対策に加え、日々の食生活でも光老化対策は可能です。

紫外線を浴びることにより体内で発生する活性酸素を除去してくれるビタミンCは、私たちの強い味方になってくれます。

フルーツに多く含まれているビタミンCですが、柑橘類などには紫外線の感受性を高めてしまう成分が入っているものもあり、夜に食べる方が良いそうです。

寝る前のコップ1杯のレモン水は美肌効果と代謝アップにはおすすめです。

しかし、どんなに一生懸命対策をしても紫外線を絶対に浴びずに生活する事は、仕事に子育てに毎日を忙しく過ごす女性には難しい事です。

そんな忙しいライフスタイルを送る女性におすすめしたいのが美肌効果もある「飲む日焼け止め」です。

紫外線に強い肌作りにおすすめ生活習慣の飲む日焼け止めとは

紫外線対策と言って思い浮かべることと言えば、顔や体に塗る日焼け止めクリームを思い浮かべる方が多いように思います。しかし、最近は、飲む日焼け止めも話題になり、注目されていますよね。

飲む日焼け止めってそもそもは、ヨーロッパが発祥だったようですよ。白人の方々は、夏は、日焼けした小麦色の肌を好む傾向があり、わざと日焼けしたりするようです。

それによって肌がヒリヒリしたり、痛みが出たりするのを抑えるものとして飲むサプリが流行り出したということらしいです。

そうなると、少し、日本での「飲む日焼け止め」との概念みたいなところがズレてる気がするのは、私だけでしょうか?・・・

飲む日焼け止めと言いながら、日本は、活性酸素除去の作用が期待できるものがあったり、成分によって美肌へ導くものが配合されていたり、かなり、幅広い日焼け止め概念があるように思います。

でも最近は、それが便利でもあり、塗る日焼け止めに比べて手軽にできる紫外線対策として、かなり多くの方が取り入れている習慣のようです。

顔のたるみにストップをかける光老化対策!おすすめ生活習慣とは

飲む日焼け止めは、今では、海外では当たり前のように取り入れられている生活習慣のようです。日本でも数年前から人気が出始め、SNSでも話題を集めていますよね。

種類も多く、様々な商品が出ているため、選ぶのも迷うほどだと思います。

その中でも人気が高く話題になっているのが「ソルプロプリュスホワイト」です。

ソルプロプリュスホワイトは、紫外線ブロックはもちろんのこと、肌老化予防をしながら美肌効果も期待できるというサプリメントです。

ソルプロプリュスホワイトとは

肌の透明感を高める効果が期待できるシトラスとローズマリーから抽出された自然由来の「ニュートロックスサン」が配合されています。

また、肌老化の原因になる糖化を抑制するAGESCLEAVER(エージーイークリーヴァ―)が配合されています。

ニュートロックスサンは、光老化の原因となる活性酸素を除去してくれる働きがあります。柑橘類などに含まれるビタミンCも活性酸素を除去する働きをしてくれます。

しかし、ビタミンCは、体内では作りだすことが出来ず食事だけで補おうとすると毎日続けるのはなかなか大変です。

一方、AGESCLEAVER(エージーイークリーヴァ―)は、抗糖化作用が高い7種類の植物を配合した混合ハーブ抽出物です。

肌の老化予防と透明感アップの効果が期待出来ます。

食事などから摂取し、吸収されなかった余分な糖質は、体内でたんぱく質と結び付き、細胞を老化させてしまうことを糖化といいます。

糖化は、肌の弾力低下、顔のたるみ、シミなどの肌老化を促進させてしまうことになります。

それによって、肌が黄色くなったり(黄ぐすみ)、髪の毛が糖化してハリ・ツヤを失ったりしてしまいます。いつまでも若々しさを維持する為には、糖化予防も必須と言うことになります。

ソルプロプリュスホワイトの特徴は、継続的に飲むことで肌が紫外線に強くなります。紫外線に強い肌作りを目指したいと考えている方は、特におすすめです。

ソルプロプリュスホワイトは、1日1粒を好きなタイミングにの飲むだけで大丈夫です。

しかし、ソルプロプリュスホワイトは、誰でも飲んで良いというわけではないようです。特に、妊娠中の方、授乳中の方は避けた方が良いという記載があります。

ソルプロプリュスホワイトは、医療機関専売品なので、ドラッグストアなどでの購入ができません。皮膚科、美容皮膚科、美容クリニックなどで購入することができます。

最近では、医療機関やクリニックが行っているオンラインショップで購入することができます。

安全性を考えるならば、医療機関からの購入がおすすめです。

まとめ

塗る日焼け止めと違って、ソルプロプリュスホワイトは、爪先から全身の日焼けをブロックしてくれるので、塗る日焼け止めのように何度も塗る必要がなく、うっかり塗り忘れということもなく安心です。

健康的な美肌を目指すには、紫外線対策はもちろんですが、ストレスを溜めない事、適度な運動やバランスの取れた食事も欠かせません。

サプリメントを日々の生活に上手に取り入れて、光老化やエイジングに負けない強い肌を作り、たるみのない肌を目指していきたいですよね。

-食事・生活習慣

Copyright© シュシュレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.