顔のたるみケア

ルルンプレシャス比較してみた!乾燥肌対策顔のたるみケアにフェイスマスク最高!

梅雨が明けて、一気に夏がやってきたー!という日々ですね。暑さもピークという感じです。

毎年のことですが、この時期のお肌の状態は、湿度が高めなのに乾燥気味・・・!という少し、不可解な状態に陥ち入り気味です。

汗でお肌も潤っているはず・・なのに、なんか乾燥してるっぽいのよね。お肌がガサガサするのよね・・・。と悩んでしまってませんか?
お肌のガサガサは、気になります・・・。

タルミノンは、「夏」と言うと、以前から恐ろしく乾燥するタイプだったので、もう、悩みに悩んで今に至るという感じです。その、悩み抜いて今に至るケア法と言うのが、フェイスマスクです。

なぜ、夏は乾燥しやすいのか?原因をお伝えしつつ、おすすめルルンプレシャスの使い方もお伝えします。

ルルンプレシャスを全部使って結局どれが良かったのか?乾燥肌で顔のたるみに悩まれている方のお悩み解決のきっかけになるととっても嬉しいです。参考にして下さい。

ムシムシする夏はなぜ乾燥しやすいの?なぜ顔のたるみになりやすい?

ムシムシする夏!湿度も高く、お肌は、汗で潤っているはず・・・と思いがちですが、実は、乾燥しやすい原因が多く存在するのが夏の季節でもあります。

まず、夏のお肌が乾燥しやすい原因というのを知って対策に心掛けましょう。

  • 紫外線の影響
  • エアコンの風の影響
  • 汗を拭くときの刺激
  • 入浴時の刺激

紫外線の影響

乾燥肌になりやすい大きな原因の一つが紫外線です。しかも、それが顔のたるみを生み出す大きな原因にもなってしまうのです。

日中、紫外線対策を行っても、完璧に紫外線をカットすることは難しいと言われています。
ドキッ!そうなの・・?

また、女性は、加齢とともにホルモンバランスの変化、皮脂の減少、角質のセラミドやNMFの減少などでお肌の水分保持量が低下しやすくなります。

それによって、バリア機能も低下しやすくなるのです。

少しだけの外出だから・・「UVケアは、大丈夫」という油断の積み重ねが紫外線の影響により肌乾燥を促進させ、それが肌老化、顔のたるみへと繋がっていきます。

ほんの少しだけの外出だったらね・・。やっぱり面倒だし・・大丈夫かな・・・と思ってしまうわ!
でもね~、乾燥肌が酷くなると角質が硬くなり、スキンケアの浸透が悪くなってしまうのよ。よりお肌の乾燥が進んでしまうという悪循環にもなるので・・・外出時は、マメにUVケアは必要なのよね。

現代では、年々紫外線も強くなっていますので、一日中、一年中紫外線対策をする勢いでケアすることがおすすめです。

エアコンの風の影響

暑い夏の日に外出すると大量の汗をかいてしまいますよね。その後でエアコンの効いた室内に入ると一気に乾きます。

この時、肌からは、発汗によって水分だけでなく水分の蒸発を防ぐ皮脂膜も失われています。

それによって、お肌は、外部の刺激を受けやすくなり、どんどん肌から水分が奪われ乾燥しやすくなります。

外出前に紫外線対策として塗っていたUVケアも落ちてしまいがちです。

そのまま放置してしまうとお肌は、どんどん乾燥してしまうことに。バリア機能も低下し、肌荒れ、シワ、顔のたるみへと生じてしまう原因になります。

外出後は、保湿ケアをして再び、外出する時には、小まめにUVケアの塗りなおしをするなどがおすすめになります。
夏の肌ケアって、案外面倒なことが多いわよね!
でも、こういう小まめなケアが5年後、10年後のお肌の差につながるのよ・・。

汗を拭くときの刺激

私たち人間は、気温が高いと自然と汗をかいて、体内の温度を下げています。汗をかくことは、とても大切なことですが、その汗をゴシゴシ拭きとるのは、避けたい事ですよね。

女性は、特にメイクをしているので、ゴシゴシ拭く人は、少ないと思いますが、顔に限らず腕や首なども同じことが言えます。

特に、シミ、シワが気になる首、デコルテあたりの汗の拭き方も注意して拭くようにしましょう。

ゴシゴシは、肌の表面を傷つける場合もあり、大切な皮脂膜を取り除いてしまうことになります。汗を拭きとる時は、優しく抑える程度がおすすめです。

また、ニオイ対策やさっぱりが好みの方は、汗取りシートなどアルコール成分を含んだもので拭き取る人もいますが、更にお肌を乾燥させる可能性があります。

汗取りシートを使った後も保湿対策もしっかり行うことがおすすめです。

入浴時の刺激

紫外線が強い夏は、UVケアを塗った後、洗顔時や入浴時にしっかり洗い落とすことが大切になります。

お肌に成分が残っているとそれが吹き出物やニキビの原因になる場合があります。気を付けましょう。

だからと言って、ゴシゴシ洗うとお肌への刺激が強すぎ、傷ついてしまってバリア機能の低下に繋がります。

特に、首、デコルテのあたりは、気を付けることをおすすめします。気になるところは、手のひらで優しく洗い流すのがおすすめです。

夏の季節は、普通に日常生活を送るだけでもお肌は、乾燥しやすい状態になるんですね。
そうなのよね。

乾燥してしまうことで、バリア機能が低下し、それがターンオーバーの周期を乱すことにもつながります。お肌は硬くなり、代謝が悪くなって、シワ、顔のたるみへと進んでしまいます。

でも、ほんの少し、気を配ることで肌乾燥を避けることができるというのも解りましたよね。
少し、面倒だな・・と思うけど、年齢肌に乾燥は大敵ですよね。小まめな肌ケアを心掛けます。
でも、今は、優れたアイテムがいっぱい、出回っていますよね。持ち歩いて、上手く利用していくと面倒なことも少なくなるわよね。

年齢肌は浸透力が弱い!しっかり保湿で顔たるみケアにフェイスマスク最高!

年齢を重ねる度に「あら?化粧水がなんだか浸透していかない・・・」と感じたり、「最近、スキンケアしていても以前より肌の状態が良くない」と思ったりしたことないですか?
あるあるです。季節の変わり目とかも感じることありますよね。

タルミノンは、ちょうど40歳を過ぎたあたりで、使っていた化粧品が合わなくなり、更に、40代後半でも使っていた化粧品が合わなくなったな・・・と感じたことがありました。

その時は、まだまだお肌の知識がなくて、化粧品を変えれば良いんだ…くらいしか思ってなかったんです。

でも、お肌について学ぶようになって、実際は、肌の乾燥が進んで、代謝が悪くなり、お肌も硬くなって化粧品アイテムが浸透していなかったことに気付きました。

肌の代謝が悪くなると浸透力も弱くなるのね・・?
そうなの。お肌は、代謝を良くして、柔らかい状態にしておくとが大切だと、お肌について学んで以来気付いたことでした。

その為には、とにかく、保湿なんですよね。一番に優先すべきものが保湿なんです。

保湿を重点的にケアしておくと、お肌のバリア機能やターンオーバーも年齢相応に維持することが可能になります。すると、お肌も柔軟になり、化粧品アイテムの浸透力も高まるんです。

ほ~~保湿ってとっても大切ってことなのね。

結果的にシワになりにくかったり、たるみ難いお肌を維持することができ、緩やかな肌老化を目指すこともできます。

その一番に優先すべき保湿ケアをどうするかで、様々な方法やアイテムを試してみました。そこで、最近落ち着いた方法がフェイスマスクを使って保湿するということです。

今、フェイスマスクって、お肌に良い有効成分をしみこませたシートなどもあって、様々出回っていますよね。どれが良いのか、迷う時があります・・。

自分の肌に合ったものを見つけられれば、じっくりお肌に大切な有効成分を浸透させることで、保湿力がアップして、萎んでいたお肌にハリ感が戻り、瑞々しく柔らかいお肌を維持することが可能になります。

最近、気に入って毎日使っているのが、ルルンプレシャスのフェイスマスクです。ルルンプレシャスに辿りつくまでは、手当たり次第、フェイスマスクを買って来て試してみました。
ルルンプレシャスってどんなに良いの?
いろいろ使ってみると解るけど・・購入しやすい価格だとシートが薄かったり、年齢肌に必要な成分が含まれていなかったり・・・。使ったあとの肌触り感に満足しなかったり。
フェイスマスクも自分の肌に合ったものをみつけるって、大変・・・。
なかなか一つに決められないまま、彷徨っていたような期間がありました。

それで、ある時、ドラッグストアでルルンプレシャスを見かけたんです。

記載された成分を見ても、お肌に良さそうなものばかり、使ってみると適度に厚みのあるシートで、すっかり気に入ってしまいました。

それ以来、ルルンプレシャスは、買い置きしておくほど。大抵のドラッグストアにはあるので、購入に困らない点と毎日使っても家計に影響ない程度のお値段という点が使い続けられている点です。

毎日、使っているのね?1日1枚ペース?
そうそう、1日1枚!全然お肌の状態が変わるわよ!お肌の保湿力がいまいちだな・・・と常に悩まれている方は、1日1枚ペースのルルンプレシャスがおすすめです。

気に入りすぎてルルンプレシャスを比較してみた!全部使って解った顔のたるみ予防に良いものは?

実は、ルルンプレシャスは、以下の3種類があるんですよね。
  • RED
  • WHITE
  • GREEN

それぞれ、3種類の共通点と違いをお伝えしていきます。

ルルンプレシャス3種類の共通点

ルルンプレシャスには、共通成分として「L22」と呼ばれる保湿成分が含まれています。

このL22は、22歳の皮脂を再現した植物由来のオイルを複合的に配合した成分で、ルルン独自に開発されたもののようです。

このL22の成分は、加齢とともに崩しやすい皮脂のバランスを整えて、硬くなりがちなお肌を柔らかく維持する作用が期待できます。

22歳の皮脂を再現ってすごいわね!
でもね・・・。22歳のお肌にはなれないけど・・・使った後は、ホント、しっとり感、もっちリ感が気持ち良いのよ。

年齢を重ねるほど、化粧品アイテムの浸透が悪くなってきたな・・・、お肌がごわつくかな・・・と感じている方は、このL22の成分によってお肌が柔らかくなり、浸透率がアップする可能性が大きいです。

ルルンプレシャスを使うようになって、お肌の柔らかさを一段と感じるようになりましたよ。

ルルンプレシャス3種類の違い

ルルンプレシャスは、3種類それぞれお肌の状態に合わせて選べるようになっている点が魅力だと思います。

それによって、含まれている成分も変えているので、自分のお肌の状態を見ながら選ぶことができます。

ルルンプレシャスREDの特徴

ルルンプレシャスのREDには、「サクラン」と呼ばれるスイゼンジノリから抽出した成分が配合されています。

このサクランは、ヒアルロン酸の5倍の保水力がると言います。
5倍の保水力ってスゴイ!

サクランは、お肌に触れた瞬間に肌表面に保水ヴェールを作り、潤いをキープしてくれます。乾燥が進んで滞った角質で硬くなったお肌を柔軟にしてくれるバチルス発酵物も含まれています。

まずは、お肌の保水力を高めたいという方に向いているフェイスマスクです。

ルルンプレシャスWHITEの特徴

ルルンプレシャスWHITEは、乾燥よりもくすみ、シミなどに悩み、お肌に透明感が欲しいという方に向いています。

スルフォラファンを含むコショウソウ目エキスが配合され、優れた抗酸化作用と強力なメラニン生成抑制作用が期待できます。

お肌に良いスルフォラファンってブロッコリーのスプラウトにも多く含まれているんですよね。スルフォラファンに興味がある方は、以下の記事を参考にして下さい。
ブロッコリースプラウトが春の肌トラブルを解決!スキンケアと対策で顔のたるみ予防へ

寒い日が続くと春が来るのが待ち遠しくなりますね。「春」って聞いただけで、私はなぜか気持ちがワクワクしてしまいます。 気持ちはワクワクですが、なんだかお肌の調子が落ち着かない・・・と言うのも春ならではで ...

続きを見る

更に抗酸化作用が期待できるパッションフルーツ種子から抽出したオイルやビタミンC誘導体も配合され、優先すべき悩みが透明感のあるお肌を目指したいという方に向けたルルンだと思います。

その為、お肌の乾燥した方がルルンプレシャスWHITEを使うと、保湿力に物足りなさを感じてしまうかもしれません。

タルミノンがそういう状態でした。とりあえずWHITEも使ってみようと・・・と思って購入した時がありましたが、お肌が潤い不足だな・・・と感じたことが多かったです。
酷く乾燥している方には、向いていない場合がありそうね。

ルルンプレシャスGREENの特徴

ルルンプレシャスGREENは、年齢を重ねて衰えたお肌を土台から元気にしてくれるコケ細胞培養エキスが含まれています。

コケには、気候変化に素早く対応し続けるエネルギーを秘めていると言われています。そのエネルギーが加齢で衰えたお肌を活発化させてくれます。

また、お肌に必要な60種類以上のミネラル、12種類以上のビタミン、アミノ酸を豊富に含んだフランスの海藻由来エキスは、強力な抗酸化作用があるポリフェノールも大量に含んでいると言われています。

この海藻由来エキスのおかげで、活性酸素の活発化の抑制、メラニン活性の抑制により、顔のたるみ、シミの予防作用が期待できそうです。

更に、加水分解された浸透型コラーゲンも配合されています。加齢で気になるエイジングサインのお悩みが複数ある方には、GREENのルルンプレシャスがおすすめです。

タルミノンは、ルルンプレシャスGREENを使った時には、求めていたものは、「これだったー」と勝手に大喜びしてしまいました。

ルルンプレシャスを購入した順番がRED→WHITE→GREENだったんです。

気持ちとしては、REDは、保湿力には、優れていると感じたものの、ハリ感、弾力などが物足りなくて、フェイスマスクの限界かな・・・と感じてしまったんです。

WHITEは、タルミノンにとっては、全く求めていなかったものだったので、使ってみてだいぶズレちゃったな・・・という感じでした。

GREENは、他の2種類より価格が少し高めなんですよね。先に使ってみた2種類が物足りなかったので、GREENは、最後のお試しだ~と言う気持ちで購入してみました。

それが大当たり!私の求めていたものだった~!となったんです。
あらら・・。なんか、やっと見つけた~見たいな感じだったのね。
そうそう、フェイスマスクって顔にペタと貼っておけば、他のことをやっていても、お肌に浸透してくれるじゃないですか・・。それって、かなり便利よ。
そうよね・・・。40代後半になると本当に、化粧水の浸透力って悪くなるから、じっくり浸透させるのも必要よね。
フェイスマスクとかで時間をかけてしっかり浸透させると、すごくふっくら、モチっとしたお肌で毎日過ごすことができますよ。女性は、いつも気持ち良くご機嫌で過ごしたいものですよね。
わかる~~。お肌の状態がいまいちだと気分も盛り下がってしまうものね。ルルンプレシャスGREENは、気分まで盛り上げてくれるアイテムってことね。

ルルルンプレシャスの優れた点

ルルンプレシャスを3種類使ってみて、すごいな・・・と思ったっ点がマスクのシートです。

ルルンのフェイスマスクは、かなり力を入れて伸ばしても伸びるんです。ですから、自分の顔のパーツに合わせることができます。

下が普通に取り出したフェイスマスクをそのまま広げてみました。

高価なフェイスマスクは、シートが厚くてしっかりしているものが多いですが、顔のパーツに合わないことが多いです。

タルミノンは、眉間から鼻の頭までの距離が長い様で、いつも、鼻の頭までカバーできるシートが無かったんです。

でも、ルルルンプレシャスは、鼻の部分のシートを引っ張ると伸びて、しっかり鼻をカバーできます。

それで・・・どれほど伸びるのか・・引っ張ってみた画像が下です。もっと、伸びると思うけれど・・テーブルの上だと伸ばし難いですね。でも、かなり伸びますよ。

私もね・・。目が離れているので、目と目の間がいつもサイズ合わないのよ・・。そういうのも、伸びるってこと?
できると思うわよ。かなり引っ張っても、マスクが丈夫なので、カバーできるわよ(笑)

更に、サポート感も良いので、顎から頬にかけてリフトアップするように持ち上げると、一日の疲れで、むくみやたるみ気味だったフェイスラインがスッキリします。

タルミノン的顔のたるみケアの為のルルンプレシャスの効果的な使い方

タルミノンのお気に入りは、ルルンプレシャスのGREENです。毎晩、お風呂上りにルルンプレシャスGREENを顔に貼って、10分リラックスしてから寝るのが楽しみです。

ルルンのHPで使い方を確認すると、以下の様な記載がありました。顔にフィットさせる前に顔に何かつける?と思ったら何も記載はありませんでした。

出典:ルルン

しかし、タルミノン的には、フェイスマスクの前にヒト幹細胞培養液の美容液を顔につけてから、ルルンのフェイスマスクをフィットさせてます。

これは、相当良いですよ。時間をかけてGREENの有効成分とお肌に良いヒト幹細胞培養液がどんどん肌へ浸透していきます。お肌の引き締まり感が、かなり良いです。

お肌のくすみも気にならなく透明感が増します。私が使っているのは、ヒト幹細胞培養液とプラセンタエキスが一緒に配合されたREプラセンタ美容液です。

フェイスマスクをつけながら、一気にエイジングケアもしたいという方は、おすすめの方法です。以下、参考にして下さい。

REプラセンタ美容液の効果と口コミを徹底検証!1年使ったほうれい線への効果をレビュー

【結論】ルルルンプレシャス種類が豊富!顔のたるみケアにはどれが良い?

ルルンプレシャスを3種類使ってみて、結局、顔のたるみに悩む世代には、ルルンプレシャスのGREENがおすすめという結論になりました。

全くの個人的な感覚なので、参考程度にしていただければと思います。

しかし、加齢によって増えていく肌悩みと言うのは、シワ、シミ、顔のたるみ、くすみなど、複数存在します。

ルルンプレシャスを使ってみて、実感できたことは、その複数の悩みに対して、アプローチできるのが、ルルンプレシャスGREENだけだったように思います。

複数の悩みに・・・と言うのは、魅力的だわね!

お肌の保湿に特化してお肌をケアしたいという方は、REDを、美白に特化して集中的にケアしたいという方は、WHITEがおすすめになると感じました。

あなたが顔のたるみが気になってこのサイトへ訪れたのであれば、GREENがおすすめになります。

-顔のたるみケア

Copyright© シュシュレ顔のたるみで悩む人の味方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.