頭皮のたるみ 顔のたるみケア

頭皮のたるみケア用シャンプーはFGF-7配合がおすすめ!その効果とは?

2020年3月7日

顔のたるみは、見た目年齢を一気に上げてしまう原因になります。女性であれば、誰もが少しでも若く見られたい、良い印象で人と会いたいという願望があると思います。

私は、その為に日々スキンケアを頑張ったり、メイクを念入りに頑張っているのよね!

しかし、毎日スキンケアを頑張っても、顔のたるみが消えることはなく、もたついたフェイスラインを見て、悩み続ける日々と言う方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、頭皮のたるみが原因と考えた方が良い場合があります。
えっ!?頭皮もたるむの?
顔のたるみの原因は、一つではなく、様々な生活習慣の中で生じてしまうものなので、あらゆることが原因になって生じます。その中の一つとして頭皮のたるみも原因の一つになります。
そういえば、以前の記事で同じことを言われた気がする・・。
気になる方は、「顔のたるみの原因から対策・スキンケアを考える」を参考にしてくださいね。

例えば、毎日スマホやパソコンを長時間、使うことで肩こり、首凝り、眼精疲労などが生じている方、顔の紫外線対策は積極的に行うけれど、頭皮の紫外線対策までは、行き届いていない方などは、頭皮のたるみが進んでいると考えた方が良い様です。

目のたるみも悩んでいるの!と言う方は、以下の記事もおすすめです。

頭皮のたるみは顔や目のたるみの原因に!頭皮の凝りとたるみの原因と対策

頭皮のたるみをケアする必要性、どんな方法があるか?

頭皮のたるみをケアしようかな・・・と思ってお店へ行くと、様々なアイテムが並んでいます。

以前は、それほどアイテムの種類も豊富でなかったように思いますが、それだけ、頭皮ケアの重要性が注目されるようになってきているのでしょうね。

頭皮は、常に髪の毛で覆われていて、見えない部分です。頭皮ケアをしたところで実際、効果があるのかもわかりにくい部分です。

その為、わかっているけれど継続して頭皮ケアを行っているという方は、少ない様です。まずは、頭皮をケアする必要性について少し考えてみようかと思います。

加齢とともに毛髪の細さを感じている方

毛髪は、毛根にある毛母細胞の分裂によって作られます。つまり、毛根に栄養分や水分がしっかり行き届くことで健康な髪の毛が生まれるのです。

市販のスカルプエッセンス(育毛剤)などの多くが頭皮の血行を促すことを目的に開発されているのはその為です。

しかし、加齢とともに毛母細胞の機能が低下します。それによって、ツヤのない髪、うねった髪、細い髪などが多くなり、抜け毛も増えてしまうことになります。

これらのことを日々感じている方は、加齢とともに毛母細胞の機能が低下しているともに頭皮のたるみも生じているかもしれません。

早めに、継続的に頭皮ケアを行うことをおすすめします。

日々ストレスを感じ、肩こり、首凝りなどを感じている方

日々、ストレスを感じ、肩こり、首凝りが酷く、体全体の血行の悪さを感じている方は、頭皮も凝り固まっていると考えられます。

頭皮が硬く凝り固まっていると毛母細胞に栄養や水分が行き届かなくなり、健康的な髪の毛が生まれにくくなります。

継続的な頭皮ケアで日々リラックスできる時間を作ることで、ストレスの軽減を目指すことが可能になります。

柔らかい頭皮を維持することができれば頭皮のたるみで悩むことが少なくなり、顔のたるみにも良い影響をもたらします。

スキンケアを頑張っても顔のたるみに変化がない、目元のたるみも気になる方

頭皮の皮膚やその下の筋肉は、顔の皮膚とつながっています。つまり頭皮が顔の皮膚を上から支えているのです。この支えが緩むと顔が下がるのは当然です。

目元のたるみ、ほうれい線も生じやすくなり、フェイスラインのもたつきなども目立つようになり、一気に老けた印象の顔になります。

頭皮ケアでこれらのゆるみにアプローチすれば、目元パッチリ、フェイスラインスッキリの若々しい印象のお顔を維持することが可能になります。

いかがですか?頭皮のたるみケアの必要性についてお伝えしました。・・・と言っても、頭皮のたるみケアが必要なのではないかという方へメッセージを送った感じです。

なんだか、心あたりあるな~~と言う方は、今日から頭皮のたるみケアを取り入れることをおすすめします。
私は、毎日首凝り、肩こりが酷くて、辛いわ!ストレスも気になる!目元のたるみも気になるし、髪の毛だって最近、細くなった気がする~~。
私は、出産後に急に髪の毛が細くなった感じがしたわ。加齢とともに体全体が変化するので悩みも尽きないわね!

頭皮のたるみケアの方法

加齢とともに頭皮もたるむのか~~、頭皮のケアが必要なのか~~と気づいても、いざ、頭皮をケアしようと思ってもどんな方法があるのか・・・ちょっと、悩んじゃうかも。
そう思っている人も多いかも・・と思ったので、そのことについてお伝えしますね。
でも、いつもよりブラッシングを丁寧に時間をかけて行うだけでも頭皮のたるみケアになります。その他の方法としては、シャンプー、マッサージなどがあります。

ブラッシング

ストレートの黒髪が流行った時代などは、ブラッシングは女性たちの習慣の一つだったように思います。

それが、時代とともにパーマヘアやゆるふわウェーブなどのスタイルが流行り出し、手ぐしで済ます女性が多くなりました。

また、毛が細かったり、ショートヘアを理由にブラシ自体を持っていないという女性も多いかもしれません。

でも、頭皮を生え際から頭頂部に向かってブラッシングすることは、頭皮に適度な刺激を与えられます。

シャンプー前にブラッシングをすれば、頭皮の汚れや余分な皮脂が浮き上がり、しっかり落とすことができます。

頭皮ケアのためのブラシも多く開発されているので、頭皮のたるみケアとしてお気に入りのブラシを見つけてみるのも楽しみの一つになるかも。
ブラッシングって手軽にできる頭皮ケアね。習慣の中に取り入れやすいかも。お気に入りのブラシを見つけてみようかな・・。

マッサージ

顔のスキンケアと同じように指やツールを使って頭皮のマッサージをするのもおすすめです。

指を広げて両手で頭全体を抱えるようにし、指の腹でしっかり指圧しながら揉みほぐします。

頭皮のマッサージについては、以下の記事でもお伝えしていますので参考にしてください。

頭皮のたるみは顔や目のたるみの原因に!頭皮の凝りとたるみの原因と対策

また、マッサージ用のツールとスカルプエッセンスで揉みほぐすと更に効果的です。良く知られているものとしては、リファのグレイスヘッドスパなどがあります。

リファグレイスヘッドスパ

もう少し、購入しやすいヘッドマッサージとして注目されているのが「マイトレックスヘッドスパ」です。お風呂の中でもマッサージできてしまうので、とても便利です。しかも気持ちが良い~~。

マイトレックスヘッドスパ

シャンプー

頭皮のたるみケアで一番、継続してできそうな習慣と言うとシャンプーではないですか?やはり、シャンプーは、毎日しますよね。

ただ、シャンプーの選び方や方法を間違えてしまうと頭皮を傷つけることになってしまったり、頭皮の乾燥を促進させてしまったりと言う場合があります。

シャンプーは、指の腹で優しく汚れを落とすように洗うことをおすすめします。また、スカルプケア用と謳われているものを選ぶことをおすすめします。

頭皮のたるみケアと言えばシャンプーですが選び方はどうする?

頭皮のたるみケアとしてのシャンプーは、どのようなものを選んだら良いのでしょう・・というお話です。

これって、頭皮だけが特別!と言うわけではないのです。しかし、頭皮は、他の皮膚と比べた場合に皮脂腺や汗腺が多いので、洗顔などと比べると洗浄力の強いものが多い様です。

油汚れなどを落とすには、アルカリ性の性質のものが優位に働くと言われているので洗浄力の強いシャンプーなどは頭皮までもアルカリ性に傾いてしまいます。

頭皮がアルカリ性に傾いてしまうと乾燥し、炎症の原因になったり肌トラブルが生じやすくなります。
アルカリ性とか・・話が難しすぎる・・・。わからない(;'∀')

もともと頭皮には、「アルカリ中和能」という性質があり、アルカリ性に傾いた場合でも弱酸性に戻ろうとする働きがあります。

なんだ・・じゃ~それほど心配ないんじゃない・・?
でもねー加齢とともにその機能が低下してしまうので、弱酸性に戻りにくくなってしまうのよね。
えっ!やっぱり年は取りたくないわね~。
頭皮もアルカリ性の状態が長く続くことで頭皮の乾燥が進み、たるみやすい状態になってしまうのよね。
その為に、必要なものがリンスやトリートメントです。

シャンプーでアルカリ性に傾いてしまった頭皮を素早く弱酸性に戻す為にリンスやトリートメントを行うことで弱酸性に戻る時間が早まります。

頭皮を弱酸性に戻すためにもリンスやトリートメントは、弱酸性のものを選び、シャンプー後すぐにリンスやトリートメントを行うことをおすすめします。

しかし、リンスやトリートメントを弱酸性のものにしても頭皮のたるみが解決したことにはならない気がします・・・・。
おっしゃる通りです!

やはり大切なのは、洗顔の時は、クレンジング選びが大切なように、頭皮の場合は、シャンプー選びが大切です。

これは、お肌は何で作られているのか?という点から考えた方が良い様に思います。良く言われていることは、人の体の20%は、たんぱく質でできていると言われていることです。

特に髪の毛は、ほとんどがたんぱく質だと言われています。たんぱく質は、アミノ酸がたくさんつながってできたものです。

ちょっと、また、話が難しくなった・・・。化学苦手・・。

「アミノ酸シャンプー」という言葉を耳にしたことがある方も多いように思います。人間の肌は、アミノ酸が不足すると乾燥しやすくなります。

その為、アミノ酸は、人間にとって大切なものなのです。化粧品にもアミノ酸は、良く使われています。

化粧品にもアミノ酸は使われているのね~。へ~・・。アミノ酸ダイエットは聞いたことがあるわ!
アミノ酸ダイエットについて話してしまうと頭皮から離れて、話が脱線してしまうので、今回は、頭皮のたるみケアだけに集中しましょう!
は~~~~い・・
でも、アミノ酸とお肌の関係については以下の記事が参考になるので興味がある人はどうぞ。

アミノ酸の効果で筋肉・細胞老化ストップ!顔のたるみケアに重要!

シャンプー選びにもアミノ酸成分が多く含んでいるものやたんぱく質が多く含まれているものを選ぶことで頭皮のたるみケアに繋がっていきます。

そこで、最近注目されているのがたんぱく質である「FGF-7」が配合されたシャンプーです。FGF-7がスゴイと言うことで一体、それはどんな成分なのかをお伝えしようと思います。

頭皮のたるみケアにFGF-7配合のシャンプーが人気!スゴイ効果とは?

FGF-7は、たんぱく質の一種で、別名KGFとも呼ばれています。KGFは、角化細胞増殖因子、角質細胞増殖因子、ケラチノサイト増殖因子と訳されています。

髪の毛は、FGF-7の指令により毛母細胞(髪の毛の元となる細胞)が増殖、分裂し、髪の毛が成長すると考えられています。

健康的な頭皮であれば毛乳頭細胞でFGF-7が生産されることで毛母細胞が活発化しますが、加齢とともに様々な要因が重なることで、FGF-7の生産が低下したり、毛母細胞の機能が低下したりという状態が生じます。

それにより、頭皮も乾燥しやすくなり、たるみやすくなると言われています。

FGF-7は毛母細胞を活発化すると考えられいたため、今までは、FGF-7が増加するような成分が採用され、エイジングケアシャンプーなどに配合されていました。

しかし、最近では、FGF-7を直接、シャンプーなどに配合することが可能になったため、直接、毛母細胞に働きかけることができるシャンプーが開発されるようになりました。

また、FGF-7を直接、頭皮に塗布することで頭皮を引き締め、毛髪の成長を活発化させる美容液も開発され、注目されるようになっています。

頭皮が引き締まるとたるみが気になっていた顔の皮膚もスッキリ引き締まるので、FGF-7が配合されたシャンプーや美容液は、女性からも男性からも注目されているようです。

FGF-7が頭皮のたるみ、顔のたるみに与える影響などの実験結果は以下にあります。

日本EGF協会(FGF-7とは)

それでは、FGF-7が配合されたシャンプーにはどのようなものがあるのでしょう。

ミューフルのヘアソープシャンプー

ヘアソープシャンプー

洗浄成分そのものがマリンコラーゲンからできているため髪と頭皮に優しい弱酸性ヘアソープです。

アーバンビューティープロダクツのエクストラヘアソープPN

エクストラヘアソープPN

毛髪と頭皮を若々しく保つ為のシャンプーです。ミューフルのヘアソープと同じように洗浄成分にマリンコラーゲンを配合させ、コラーゲンそのものでシャンプーできるアイテムです。

日本EGF協会から認定を受けているためFGF7配合も基準をクリアしたシャンプーです。

頭皮のたるみケアの為に知っておきたい普通のシャンプーとスカルプシャンプーとの違い

いかがでしたか?FGF-7配合のシャンプーについて2種類、お伝えしました。

今回は、顔のたるみが気になり、スキンケアアイテムを変えても変化を得ることができないという方に頭皮ケアはどうかな?というお話でした。

FGF-7配合のシャンプーもそうですが、頭皮の為にケアするシャンプーは、スカルプシャンプーと呼ばれているようです。

それ以外は、普通のシャンプーということになるわけですが、スカルプシャンプーとして考えた場合に、何が大きく違うの?という点です。

確かに~~何気なく使っていた今までのシャンプーと配合成分が違うというのはわかったけれど、いまいち違いなどは理解できていないかも・・。

私は、頭皮がたるんでいるのかも・・?と思っていらっしゃる方は、是非、シャンプーの違いも知っておくと良いと思い、ここでお伝えします。

普通のシャンプーと言うのは、髪の毛の汚れを落とすことを目的として作られているのですが、スカルプシャンプーと言うのは、頭皮のことを考えて開発されたシャンプーと考えて良さそうです。

その為、普通のシャンプーは、汚れを落とすための強い成分が含まれている場合が多いです。それによって、髪の毛がきしんでしまわないように潤いをコーティングできるように考えられています。

しかし、その潤いと言うのは、髪の毛をコーティングして得る潤いの為、再度、シャンプーした場合には、一緒に落ちてしまいます。

普通のシャンプーには、髪の毛の内側からのケアがないものが多い為、結局、強い洗浄剤で洗い落とされた髪の毛は、内側から修復することがないまま、シャンプーを重ねる度に頭皮や髪の毛の傷みが進んでしまいます。

それが、頭皮のたるみの原因を生じさせている場合もあるのです。
そうなの?今まで、普通のシャンプーで頭皮を傷めていたかも・・?

一方、スカルプシャンプーは、頭皮のことを考えて開発されたものが多いので、大抵は、頭皮に近い弱酸性でアミノ酸成分が多く含んでいるシャンプーが多いです。

しかも、弱酸性を維持する為に、防腐剤などの添加物を使用していないシャンプーが多いです。
ほ~~やっぱり、頭皮に優しいシャンプーなのね。

ある程度年齢を重ね、顔のたるみが気になり始めた時期には、頭皮もケアできるスカルプシャンプーを早めに検討してみることは大切のようです。

それによって、顔のたるみで悩むことも避けられるかもしれないです。

-頭皮のたるみ, 顔のたるみケア

Copyright© シュシュレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.