たるみ毛穴 顔のたるみケア

メディプラスゲルDXでたるみ毛穴解決!リニューアル進化のポイント

2020年2月9日

オールインワンで良く知られているメディプラスゲルが2019年の3月にリニューアルをして話題になりました。

もうすぐ1年が経とうとしています。オールインワンと言うと、一つで化粧水、乳液、美容液、クリームなど4役を兼ねて、時短スキンケアができる点が魅力的です。

しかし、一方では、それほど何役も兼ねて、実際の効果の実感ってどうなの?という疑問も沸いてきます。

しかし、そんな疑問と正反対にメディプラスゲルDXは、配合する美容成分を2種類増やしてのリニューアルということでした。

ところが、最近になって「メディプラスゲルDXってたるみ毛穴にも良いらしい」ということで注目されているようなんです。

オールインワンでたるみ毛穴に良いって、お肌のエイジングサインで悩まれている方には、朗報なのでは?と思い、実際のところどうなのか少し記事にしてみることにしました。

メディプラスゲルDXを試してみようかしら・・・と忙しい女性で時短スキンケアを考えている方の参考になればうれしいです。

たるみ毛穴ができる原因とは?メディプラスゲルDXで24時間湿潤美容

若いころは、毛穴の悩みでも、毛穴が開きすぎ、黒ずみが目立つなどの悩みが先でしたね。

年齢を重ねると・・あらら?毛穴の形が涙型に変わって、更に目立つようになるし・・・毛穴の悩みって終わりがない感じがしちゃいますね。

なんか毛穴が増えた気がする・・!毛穴が伸びた気がする‥!そんな風に感じ始めている方は、それたるみ毛穴だったりします。

そのまま放置しちゃうと毛穴同士がくっついて、更に毛穴が目立つようになったり、毛穴に沿ってシワになったり、厄介な悩みに変わってしまいます。

悩みが小さい時に対策することは、若々しさを維持するためにも大切だと思います。

その最近、気になるたるみ毛穴ってどうしてできてしまうのでしょう・・?よく鏡を見て、自分のたるみ毛穴を見てみると・・

  • なんだか形も不ぞろい
  • ちょっとお肌を引っ張ると毛穴の形が変わる
  • 特に頬あたりが目立つ

上記のような感じでしょうか?それって、やっぱり頬のお肌もたるんでいるということですよね。頬がたるんでいるってことは顔全体のたるみも生じているかも・・・。

結局、お肌のハリが低下しているからたるみにつながっていることになります。

お肌のハリが失われると表面にたるみができます。それによって、毛穴の開きが目立つようになり、更に毛穴の形まで伸びたよう変わってしまうんです。

ある程度お肌にハリを取り戻すことができると毛穴も引き締まって気にならなくなります。

お肌にハリを取り戻すために一番大切なことは、

規則正しいターンオーバーが行われ、お肌の潤いを維持することです。
年齢とともに間違いなくお肌は乾燥しやすくなります。

乾燥しやすいお肌を常に潤いで満たすことができれば、お肌のハリの低下を防ぎ、潤いに満ちた弾力のあるお肌の維持によって、毛穴の目立ちが気にならなります。

幸いにも毛穴と言うのは、お肌の奥にあるものでなく、見える部分にあり、お肌の表面に存在するものです。お肌の状態にあったスキンケアを行えば、お肌に良い成分が毛穴に届きお肌も変わってきます。

お肌の状態に合ったスキンケアとは?

年齢とともにターンオーバーは遅れがちなり、角質がはがれにくくなります。

古い角質をそのままにしておくと、お肌の表面は硬くなり、スキンケアを行ってもお肌に浸透しにくい状態です。

お肌の表面が少し硬いかなと感じる方はふき取り化粧水やピーリングなどでお肌の角質を取り除くことが大切です。

それによって大切な美容成分がお肌に浸透しやすくなります。

しかし、お肌の状態に合わせてふき取り化粧水を用意したり、ピーリングを行ったり・・・と言うのが面倒なんですよね。

特に、仕事をして育児や家事に追われる女性はね。ついついどこかで手を抜きたいと考えてしまいます。

しかし、大切な家族のことで手を抜くのは・・・ちょっと・・となると自分の時間を削って手を抜くしかなくなりますよね。

そういうことも解決してくれるのがメディプラスゲルDXなんです。そうなの?と思った方は、メディプラスゲルの特徴を以下でお伝えします。

メディプラスゲルDXとは?リニューアル前と後は何が違う?

メディプラスゲルDXは、リニューアルの前は、メディプラスゲルだったんですよね。

もう、販売されていないのかというと、そんなことはなく、メディプラスゲルも販売されているのでどちらも購入できる状態です。

では、メディプラスゲルとリニューアル後のメディプラスゲルDXとは、どこが違うの?どう使い分けたらお肌も喜ぶかしら?と言う疑問が沸いちゃいます。

まずは、メディプラスゲルの特徴や美容理念などをお伝えしますね。

メディプラスゲルの特徴


上記でもお伝えしましたが、メディプラスゲルは、1本で化粧水、乳液、美容液、クリームの4役を兼ねたオールインワンゲルです。

大抵、オールインワンだったりすると、いろいろな機能を兼ねてしまうために、何かの機能が弱かったり・・なんていう場合が多かったりします。

私は、仕事をしながら育児や家事なども頑張る日々が長かったので、時短スキンケアの為にオールインワンもいろいろ使ってみたものの、なかなかお肌が潤わなかったり、ベタつきすぎたりという経験を何度かしたことがありました。

しかし、メディプラスゲルは、しっかりした美容理念のもと開発されているので、1日24時間潤いを持続させながら、お肌の状態を整えてくれるオールインワンです。

また、ストレスが原因のお肌の乾燥と言うのは、ストレスによってセラミドの分解が促進し、セラミドが減少してしまうことでお肌が乾燥してしまうようです。

ですからストレスが原因の乾燥肌には、失われがちなセラミドをたっぷり補うことが重要と考え、3種類のヒト型セラミドを配合しています。

また、お肌を柔らかくし、美容成分の浸透を高めてくれる作用が期待できる玉造温泉水をベースに使っている点で、角質柔軟化の作用が期待できます。

その他にもお肌に良い様々な美容成分が配合され、メディプラスゲルの場合は、全部で66種類の美容成分が含まれています。

それらの豊富な美容成分によって、24時間潤うための3つのケアが可能になるということです。その3つのケアと言うのが以下です。

  • 保湿ケア:潤いで肌を包み込み、湿潤した肌環境を作り出す
  • リセットケア:汚れや古い角質を取り除き、湿潤しやすい肌環境を整える
  • メイクケア:日中の肌を乾燥や紫外線から守りながら、湿潤した肌環境を維持する

いかがですか?メディプラスゲルは、特に毛穴に良いオールインワンゲルと言うわけではないですが、お肌のことを考え開発されている為、結果的に

  • お肌を柔らかくして、
  • お肌を潤いで満たし、
  • ターンオーバーを整えることで
  • お肌のハリを取り戻し、
  • たるみ毛穴も目立たなくなる

という良い循環を作り出すオールインワンゲルとして注目されるようになっているんだと思います。

メディプラスゲルDXの特徴

一方、メディプラスゲルDXの特徴ですが、メディプラスゲルの保湿ケア、リセットケア、メイクケアの3つのケアはそのまま機能として残しつつ、新たに2つの成分が配合されています。

それによって、年齢を重ねたお肌のシワやたるみの悩みにも対応し、低下したお肌のハリを生み出す濃厚オールインワン美容液として開発されました。

新たに配合された2つの成分と言うのは、

  • ラケシス
  • プレヒアルロン酸

です。

ラケシスとは

肌のハリを生み出す力を高める目的で配合された成分です。2014年に発表されたばかりの最先端の注目成分です。ギリシャのヒオス島でしか採取できないマティハの木の樹液の結晶から得られる成分です。

マティハの木の幹や枝に傷をつけることにより、その傷を癒すための透明な樹液がにじみ出てきます。その樹液が乾燥し、自然に固まった樹脂がラケシスです。

古代ギリシャ時代からギリシャの人々のエイジングケアに使われていたようです。

プレヒアルロン酸とは

プレヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の前駆体で、自然界や体の中に存在する糖の一種です。

プレヒアルロンさんは、普通のヒアルロン酸より分子量が小さく、もともと体内に存在する成分であるため、お肌にも馴染みやすく、吸収されやすいです。

その為、お肌に与えるハリや弾力の効果も期待できるようです。

メディプラスゲルDXでたるみ毛穴ケアはできる?

上記までで、メディプラスゲルとメディプラスゲルDXの違いをお伝えしました。

リニューアル前のメディプラスゲルだけでもお肌を柔らかくし、潤いで満たすことは可能ですが、そこに、更に2つの美容成分がプラスされたことで、一層お肌にハリを取り戻すことが可能になったと思います。

ポイント

メディプラスゲルDXのリニューアルのポイントは、「新たに2つの成分を配合してお肌にハリ、弾力を生み出すように開発された」という点であり、それによってたるみ毛穴のケアにも効果が期待できるようになったことが注目されている理由です。

メディプラスゲルとメディプラスゲルDXどう使い分ける?効果的な使い方とは?

メディプラスゲルとメディプラスゲルDXの使い方

メディプラスゲルもメディプラスゲルDXも使い方は一緒です。

  1. 朝1プッシュ夜2プッシュを手のひらに出します。
  2. 手の平同士を合わせて伸ばします。
  3. そのまま両方の手の平を顔の中央から外側に向かって優しくなでるように伸ばします。
  4. 深呼吸に合わせて伸ばすとお肌と心がリラックスして美肌へと近づきます。
  5. 気になるエイジングサインには、指でトントンと置くように重ね塗りをします。

メディプラスゲルとメディプラスゲルDXのテクスチャーの違い

画像が少しわかりにくくて申し訳ないのですが、2つのテクスチャーを比べるとメディプラスゲルDXの方が、触った後に角が立つほど、こっくりとしたテクスチャーになっています。

硬い、柔らかいで表現するならば、メディプラスゲルDXの方が少し硬めのゲルクリームという感じです。それだけ濃厚ということも言えると思います。

どちらもお肌につけた後は、ベタつくことがなく、しっとりした触り心地になります。しかし、メディプラスゲルDXの方が少し油分が多いという感覚が残る方もいるかもしれません。

そういう場合には、朝は、メディプラスゲルを使ってメイクをして夜は、お肌も心もリラックスできるように濃厚なメディプラスゲルDXをつけて十分な睡眠をとるという使い方もお肌の為には良いように思います。

どちらもお肌の状態と心の状態に合わせてお好みで使い分けることがおすすめです。・・・私などは、面倒なことが苦手なので、使い分けはあまりしないんですけどね。

-たるみ毛穴, 顔のたるみケア

Copyright© シュシュレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.