顔のたるみケア

インナードライ肌スキンケアはセラミド増加で顔たるみストップ! フルティアザ・グランセラム口コミ

お顔のたるみ、気になっていませんか?そんなあなたは、セラミド不足のインナードライ肌になっているかもしれません・・・。

私も年々お肌の乾燥が気になり、何をつけてもかさついてしまう時期がありました。それを救ってくれたのがセラミドのパワーです。

やっぱり、肌の乾燥は、セラミド不足ってことなのね?

お肌を内側からふっくらと潤してくれるセラミドが不足してしまうと、お肌の内側から乾燥し、カラカラのインナードライ肌になってしまいます。

そんなお肌の潤いに大きくかかわっているセラミドは、若々しいお肌を保つためにとても大切な働きをしています。
セラミドって良く聞くけれど、お肌には、大切なものなのね!

ザ・グランセラムから新発売された、フルティアザ・グランセラムは、年齢を重ねてセラミド不足になったお肌に働きかけて、顔たるみのお悩みを解決に導いてくれる!と口コミでも人気のセラムです。

お肌のハリ感がアップしたり、たるみ毛穴に効果があったなど評判がとてもいいです。

顔のたるみを促進させるインナードライ肌とは?

小鼻のべたつきは気になるけど、目元や口元は乾燥が気になる。そんなお肌の状態にお悩みだったとしたら、もしかしたら、それはインナードライ肌になっているサインかもしれません。

インナードライ肌は、お肌の表面はべたついた感じなのに、お肌の内側が乾燥している状態のお肌のことを言います。

そうなのね。皮脂などで、べた付いているから、勝手に潤っていると思ってはいけないってことね!

自分のお肌がべたついている感覚があると、お肌が潤っているような気がしてしまい、実は、肌の内部は乾燥していることに気付くことができないまま、その状態を放置してしまいがちに・・・。

その状態が続くことによって、肌の内部の乾燥が少しずつ進んでしまい、インナードライの状態に陥ってしまうことになります。

あなたのお肌の状態はどうでしょうか?
お肌の表面は潤っている感じなのに、メイクのノリが悪かったりはしていませんか?
ドキッ!私のこと?
スキンケアをする際、化粧水がなかなか浸透しないと感じていませんか?
そう感じることは、多いわ・・・。

思い当たる場合は、インナードライ肌の可能性が高いかもしれません。そもそも、インナードライ肌になってしまう原因とはどんなことがあるのでしょうか?

いくつかの原因が考えられ、場合によっては原因要素が重なって、よけいにインナードライ肌を悪化させていることもあります。

日常生活の中でできる限り注意するようにしていきましょう!

洗顔による皮脂のとりすぎによるもの

洗顔で皮脂をとりすぎていることが原因でインナードライ肌になっていることがあります。

お肌がベタベタするのは、過剰に皮脂が分泌しているから潤っていると思いがちですが、実はこれは肌内部の水分量の低下によって起こっているのです。

水分が足りないために、せめてもとお肌は一生懸命皮脂を出して水分の蒸発を防ぎ、何とかお肌を潤そうとしているのでこのような状態になってしまうのです。

洗顔をしたあとすぐになにもつけないと顔がつっぱるような感覚がある方は、洗いすぎで必要な皮脂までとってしまっている可能性があります。

インナードライ肌の場合、朝の洗顔の基本はぬるま湯洗顔にしましょう。

あぶらとり紙の使い過ぎ

お肌が脂っぽくなり、てかてかした時にあぶらとり紙を多用していませんか?実はこれもインナードライ肌の大きな原因になってしまうのです。
えっ?あぶらとり紙って女性にとっては、必須よね?気になったら、すぐに使っちゃってるけど・・・。それってNGだったのね!

あぶらとり紙はとても皮脂吸収力が高く、お肌のてかつきもとれてとてもすっきりしたように感じますよね。

ですが、毛穴の奥の方の脂までとってしまうので、使いすぎると皮脂をとりすぎてしまう危険性もあります。

ピーリングのやりすぎ

お肌のターンオーバーを整えて美肌になるという目的でピーリングをやっている方も多いと思います。

しかし、ピーリングは、不要な角質が取れるのと一緒に、お肌の皮脂なども一緒にとれてしまうので、直後はより乾燥した状態になってしまうのです。

お肌の状態が正常ならばピーリングでお肌の状態が良くなることもありますが、すでに乾燥しているお肌にピーリングをすると敏感肌に傾いてしまう恐れがあります。

インナードライ肌には、ピーリングは要注意ってことね!

栄養は不足していませんか?

肌の水分不足や皮脂の分泌は、栄養がしっかりとれていないことによっても起こります。毎日の食生活で不足している栄養があると、インナードライ肌になりやすくなってしまいます。

そうならないように、インナードライ肌の対策に必要な栄養素を知っておくこともお悩み解決のポイントです!

ビタミンB2は、肌・爪等の状態を整えるためには必須の栄養素です。不足すると脂質代謝が正常に行われなくなり、お肌が脂っぽくなってしまいます。

ビタミンB6は、お肌の原料であるたんぱく質代謝で新しい皮膚をつくっています。不足すると新しい皮膚が生まれる原料が減るため、お肌の生まれ変わりができなくなってしまいます。

ビタミンB7(ビオチン)はコラーゲンの生成をしてくれている酵素を助けてくれます。不足してしまうとコラーゲンがうまく作り出されなくなってしまいます。

水分不足に気を付けましょう。

身体が水分不足になっていると、当然お肌にも水分が行き渡りません。このようにお肌の水分が足りないと、バリア機能まで低下してしまいます。

水分をしっかりとることで、老廃物を排出してくれる効果も期待できます。

紫外線によるダメージ

日焼けで多くの方がイメージしているのは、紫外線Bによるものです。このUVBは光の波長が短い紫外線で、メラニン色素をつくりだしてお肌を黒くし、日焼けしたと言われる状態にします。

シミの原因になるということは皆さんご存じだと思います。では紫外線A波はどうでしょうか?

紫外線A波、UVAは波長が長い紫外線で1年中、室内にも降り注いでいます。冬になっても夏の80%くらいの量と言います。

UVBのように日差しが強いなどの感覚が全くないため、ほとんどの方が気付かないうちにたっぷりと浴びてしまっています。

UVAの怖いところは、波長が長い分、お肌の内部にまで影響を与えてしまい、コラーゲンなどを破壊してしまい、老化の老化の原因に直結してしまうところです。

紫外線A波を防止する効果はPAと+という表示で表されます。肌乾燥を防ぐための紫外線対策は一年中行うということが大切です。

空気の乾燥

スキンケアで一生懸命保湿をしていても、過ごしている環境の空気が乾燥しているとお肌の水分もどんどん奪われてしまいます。

肌に最適な湿度は湿度60%~65%前後。暖房・冷房を使った室内は、加湿をしない場合、湿度が20~30%くらいになってしまいます。

冬の乾燥した空気の中でずっと過ごしているのと同じような状態です。加湿器で常にうるおいを与えましょう。

疲れやストレスによる乾燥

 疲れやストレス、睡眠不足は、血液循環の乱れにつながり、肌のバリア機能を低下させます。それに伴い、皮脂量・水分量が減少し、乾燥してしまいます。

インナードライ肌を放っておくと、お肌の老化が加速してしまいます。

ダメージ状態が長く続くと、回復にも時間がかかってしまいますし、外的な影響も受けやすい敏感肌になってしまう可能性もあります。

そうならないよう、早い段階でお手入れの見直しをすることが重要なポイントです。

インナードライ肌はセラミド不足!セラミド増加で顔のたるみ対策

 年齢を重ねると、お肌に必要な美容成分はどんどん減ってしまいます。その美容成分の1つであるセラミドも減少してしまいます。

ある程度の年齢が来てから減っていくと想像しますよね?驚くことに、セラミドを作り出す量がいちばん多いのは、赤ちゃんの時!ショッキングな現実ですよね・・・。

そして、30代になるころには大幅に低下してしまい、さらに50代になってくると20代の約半分の量になってしまうのだとか。

若い時はみずみずしいお肌だったのに、年齢とともに顔のたるみが気になったりしてしまうのは、このセラミドの量も関係していると言えそうです。

セラミドが減少すると、お肌のバリア機能が低下してしまい、お肌が敏感になり、肌自体が弱くなってしまいます。アレルギーをおこしやすくなる事も、セラミドの減少と関係しているようです。

セラミドはお肌の内側からの水分を保つ成分ですが、お肌自体が生み出している保湿成分です。そして、お肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーの過程でつくられています。

つまり、お肌のターンオーバーが整っていれば保湿成分が絶え間なくつくられ、セラミドがたっぷりつくられるということなんですね。
そう、そうなんです!

このことから、細胞の1つ1つが潤ったお肌になるためにはターンオーバーを整えるようなお手入れをしたり、生活習慣を整えることがセラミドを増加させるポイントと言えそうですね。

睡眠をしっかりとり、栄養バランスの整った食事をとること。そして、毎日同じような時間にして一定のリズムで生活を送ることが重要と言えます。

朝食にはチーズや納豆などのタンパク質を摂るのもおすすめです。タンパク質は肌の材料になり、アミノ酸に分解されるとNMF(天然保湿因子)の主成分にもなります。

若々しいお肌のために、スキンケアと生活習慣を見直し、セラミドを増やしていくように心がけましょう!

フルティアザ・グランセラムでセラミド増加!インナードライ肌の顔のたるみストップ

フルティアザ・グランセラム

インナードライ肌でお悩みの方にフルティアザ・グランセラムは、潤いをしっかり与えてお悩み解決してくれる美容液オイルです。

40代後半になってくると急にたるみやしわのお悩みが増えてきますよね。セラミド現象も避けられない現実です。
このグランセラムはお客様500名ものアンケートをもとにつくられた美容液オイルです。

減少してしまうセラミドの生成をサポートする3つのオイルが配合されているので、年齢肌のお悩みの方にはおすすめの美容液オイルです。

その名も、「大人の女性を幸せにしてくれる美容液オイル」と呼ばれているようです。

セラミドは、お肌をみずみずしく、ふっくらと潤いを保つために必要不可欠な成分ですが、α-リノレン酸を含むオイルは、このセラミドの生成を助けてくれると言われています。

フルティアザ・グランセラムは、このα-リノレン酸が含まれる以下の3つのオイルを厳選して配合し、トリプルの美容効果でとても高い効果が期待できます。

クランベリーオイル

スーパービタミンEが酸化しやすいα-リノレン酸の酸化を防ぎます。さらに、お肌のハリ感をアップするコラーゲンの生成をサポートしてくれます。

チアシードオイル

オイルの中でもα-リノレン酸の含有量がトップクラス。お肌の生まれかわりを促進してくれます。

カシスオイル

α-リノレン酸+γ-リノレン酸を含有しており、お肌の水分が蒸発しないように守ってくれ、お肌のハリ感をアップさせてくれます。

フルティアザ・グランセラムは、ダマスクローズの精油であるローズオットーが配合されています。

このローズの香りが美肌ホルモンと呼ばれているエストロゲンの分泌を促してお肌に張りを与えてくれます。

エストロゲンは大人の女性の美肌をつかさどっているホルモンなので、香りの作用はとっても重要ですね。

ローズオットーは、しわやたるみに働きかけてくれる効果にとても優れていると言われ、中世では、若返りの薬として使用されていたほど美容効果への期待が高いです。

オーガニック成分が99.55%とお肌に刺激が少なくナチュラルなお手入れができるところも魅力的ですね!

フルティアザ・グランセラム口コミ

実際にフルティアザ・グランセラムを使っている方の感想は、どうなのか?気になるところだと思いますので、口コミを紹介したいと思います。

40代 女性

バラの香りがとてもいい香りで、お手入れしながらとても癒されています。使い始めてから、お肌もふっくらもっちりとしてハリと弾力が戻ってきたようです。

夜つけて、朝起きた時は、鏡を見ると、お肌がピン!とハリが出ていて、しわも薄くなっていて、感動です!!!

40代 女性

一度使うとやめられないオイルです。今まで、ザ・セラムを愛用しており、新オイルが出たので試してみようという軽い気持ちで使い始めましたが、驚きの効果でした。

オイルを肌にのせると、モチモチとしてお肌がきゅっと引き締まるのが実感できました。オイルで肌が持ち上がるのは初の体験ですし、これからの肌の変化がとても楽しみです。

50代 女性

25年間、別の自然派化粧品を使っていたのですが、50歳になり、シワやほうれい線や毛穴が目立ち、気になり始めた時、チラシでフルティアを知りました。

チラシを読み、クランベリーオイルのすごさを試してみたいと思いました。使ってみて驚くことばかりでした。

朝、洗顔すると、肌の柔らかさを感じ、ほほの毛穴が小さくなり、ハリがありました。ほうれい線も目立たなくなってきました。

以前はとても乾燥していたのですが、今は全く乾燥を感じなくなったこともうれしいです。これからも、ずっと使っていきたいです。

50代 女性

年齢と共に減少してしまうセラミド生成をサポートし、毛穴も目立たなくなるという口コミを見て、本当だったらいいなと期待して使ってみたのですが、本当に私の期待を裏切らなかったです。

ローションもとてもよく浸透してくれるし、お肌もふっくらと仕上がります。口元や目のまわり、おでこのシワ、ほうれい線など気になっていた場所も目立たなくなり、本当に手放せない1品になりました。

フルティアザ・グランセラムを使い続けることで、とても満足している方が多いように感じました。しかも、効果を実感できるのが早いというところがとても魅力的なセラムだと思いました。

フルティアザ・グランセラムは、年齢を重ねたお肌に必要不可欠な、セラミドの生成をパワーアップしてくれる成分がたっぷりと配合されています。

一足先にお手入れに取り入れた皆さんは、ご自身の肌で高い効果を感じられているのだと思います。

まとめ

年齢を重ねていくほどに、お肌は乾燥しやすくなったり、たるみやしわやシミなどのお悩みが増えて、仕方のないことだとはわかりつつも、年を取ったな・・・とショックを受けてしまいますよね。

これは、セラミドが年齢とともに減少してしまうことから起こってしまうのです。

私自身も、30代、40代と、どんどん肌老化を感じ、悩みが増えてきてそれがストレスになったりしていました。まさに、インナードライ肌が進行していた結果だったのです。

しかし、きちんとお悩みの原因を知り解決に導いてくれるようなお手入れをすることで、まだまだお肌は変わる可能性があります。

お顔のたるみもあきらめなくて大丈夫!

フルティアザ・グランセラムは年齢肌の救世主、セラミド量を増やしてくれることで肌に潤いが戻り、顔のたるみの促進にストップをかけてくれます。

あなたの毎日のお手入れに、フルティアザ・グランセラムを取り入れることで、いつの間にか悩んでいた肌トラブルが気にならなくなっているかもしれません。

きゅっと引き締まった若々しいお肌をフルティアザ・グランセラムで目指しましょう!

-顔のたるみケア

Copyright© シュシュレ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.